【文化財-葛尾-002】葛尾村の磨崖仏

あぶくま山中の巨石、葛尾村の磨崖仏

福島県葛尾村の山中に磨崖仏があります。これは葛尾大尽と呼ばれた松本一族の二代目重供(しげたす)の時代に、松本家の安泰と繁栄、地域の安寧を祈って作られたといわれています。磨崖仏とは、自然の岩壁や露岩、あるいは転石に造立された仏像を指します。この磨崖仏が作られたのは、300年以上前の宝永6(1709)年頃と推定されています。

高さ5~6メートルの大岩には、亡くなった人を浄土に導く十三仏のうち、文殊菩薩・大日如来・阿弥陀如来・聖観音菩薩・地蔵菩薩・不動明王・虚空蔵菩薩の七体の仏様が刻まれていて、やや風化しているものの肉眼でも拝むことができます。如来とは悟りを開いた仏で、菩薩はまだ修行中の仏。薬師寺の本尊である大日如来は真言宗では最高の仏、阿弥陀如来は仏教で最高の仏です。その歴史的価値から葛尾村の史跡に指定されています。

高さ5~6メートルの大岩には、文殊菩薩・大日如来・阿弥陀如来・聖観音菩薩・地蔵菩薩・不動明王・虚空蔵菩薩の七体の仏様が刻まれている。
せり出した岩の上にも木が根付いている。
岩の上からの眺め。

観光地としてのまとめ

名称 葛尾村の磨崖仏
よみ かつらおむらのまがいぶつ
住所 福島県双葉郡葛尾村葛尾字敷井畑
電話番号
営業時間
定休日
料金 無料
売店 なし
駐車場 なし(空地あり)
トイレ なし(坂の下に葛尾大尽屋敷公園の公衆トイレあり)
フォトライブラリ フォトライブラリ
公式サイト 葛尾大尽物語

文化財としてのまとめ

種別 葛尾村指定史跡
名称 【文化財-葛尾-002】磨崖仏
読み まがいぶつ
指定年月日
所在地 福島県双葉郡葛尾村葛尾字敷井畑
所有者
見学 自由

葛尾村の磨崖仏マップ

アクセスと周辺

●自動車でのアクセス

※出発地は、何度でも自由に再指定することができます。
※ルートおよび所要時間は参考情報としてご利用ください。これらの情報は、混雑具合や工事、天候等の影響により異なる場合があります。移動時は実際の標識や案内板等に従ってください。
※有料道経由が必ずしも便利とは限りませんのでご注意ください。

新白河駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間25分(93.6km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間27分(97.9km)
一般道経由 1時間54分(87.9km)
郡山駅から
有料道経由 59分(45.1km)
一般道経由 1時間3分(44.2km)
福島駅から
一般道経由 1時間7分(46.1km)
原ノ町駅から
一般道経由 51分(35.3km)
いわき駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間29分(90.8km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間32分(95.0km)
一般道経由 1時間31分(72.6km)
福島空港から
あぶくま高原道路経由(ETC搭載車) 1時間15分(69.9km)
一般道経由 1時間19分(63.2km)

●鉄道でのアクセス

最寄り駅:JR磐越東線 船引駅(30.0km)

乗換案内
最寄り駅から路線バス なし
最寄り駅からタクシー 羽場タクシー 0247-82-1137

周辺の観光スポット検索


付近のガソリンスタンド ←現在地周辺のガソリンスタンドを検索できます。

関連記事

  1. 【桜-小野-04】羽生の桜

  2. 【桜-郡山-02】紅枝垂地蔵桜

  3. 【桜-船引-11】是哉寺の地蔵桜

  4. 三春町の石柱

  5. 【桜-常葉-05】早稲川舘ザクラ

  6. 葛尾の三匹獅子舞

観光マップ

にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 田村情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
KiPuRu