【神社-常葉-07】磯前神社

崖に寄り添う懸造りの珍しい建築物

田村市常葉町の山中にある「磯前(いそざき)神社」は、崖に寄り添い社殿の半分を岩山に懸けるようにして造られているため「懸造り」と呼ばれ、福島県内の神社においては他に類を見ない非常に珍しい建築物です。飛騨の匠が一夜で作ったともいわれています。田村市の有形文化財に指定されています。

鳥居の前に、田村市指定有形文化財の案内柱と、磯前神社の案内板が設置されている。奥に見える建屋が磯前神社の本殿。
鳥居の前に、田村市指定有形文化財の案内柱と、磯前神社の案内板が設置されています。奥に見える建屋が磯前神社の社殿です。

土台の三隅を自然石に架け、残る一隅を高さ2メートルの太い束(つか)で支えられていて、参拝するときは床下から潜り抜けていきます。

本殿を参拝するためには、本殿の床下にある空間(画像の暗い部分)を潜り抜けなければならない。
社殿を参拝するためには、社殿の床下にある空間(画像の暗い部分)を潜り抜けなければなりません。
本殿の床下にある空間。奥に見える階段を登ると本殿に行ける。
社殿の床下にある空間。奥に見える階段を登ると社殿正面に出ます。
本殿に繋がる階段。画像左手にある岩が通路の幅を狭くしている。
社殿に繋がる階段。画像左手にある岩が通路の幅を狭くしています。
本殿の北側(鳥居側)に上がったところ。参拝者はこの細い場所のみ立ち入ることができる。
社殿の北側(鳥居側)に上がったところ。参拝者はこの細い場所のみ立ち入ることができます。
本殿に施された狛犬の彫刻。なんだか不思議なパワーを感じます。
社殿に施された狛犬の彫刻。なんだか不思議なパワーを感じます。

そういえば、西暦798(延暦17)年に坂上田村麻呂が建立した京都の清水寺も「懸造り」です。磯前神社の創建時期は不明ですが、坂上田村麻呂ゆかりのスポットがたくさんある田村市ですから、何か関連がありそうですね。ちなみに現在の社殿は1894(明治27)年に再建されたものです。歴史のロマンを感じる場所で、神社ならではの神がかったパワーを感じたい方にお勧めです。

神社としてのまとめ

【住所】田村市常葉町早稲川字上遠野232
【電話番号】なし
【公式URL】なし

【御朱印】なし
【創建】不明
【ご利益】家内安全、商売繁盛、福徳円満、良縁成就、開運厄除
【祭神】大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)

文化財としてのまとめ

種別 田村市指定有形文化財
名称 磯前神社社殿
読み いそざきじんじゃしゃでん
指定年月日 2005(平成17)年4月18日
所有者 磯前神社
見学 自由

アクセスと周辺

●自動車でのアクセス

※出発地は、何度でも自由に再指定することができます。
※ルートおよび所要時間は参考情報としてご利用ください。これらの情報は、混雑具合や工事、天候等の影響により異なる場合があります。移動時は実際の標識や案内板等に従ってください。
※有料道経由が必ずしも便利とは限りませんのでご注意ください。

新白河駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間12分(72.6km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間16分(74.3km)
一般道経由 1時間31分(68.3km)
郡山駅から
有料道経由(ETC搭載車) 50分(39.5km)
有料道経由(ETC非搭載車) 52分(35.3km)
一般道経由 車で48分(32.9km)
福島駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間18分(78.9km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間19分(74.8km)
一般道経由 1時間18分(56.7km)
原ノ町駅から
有料道経由 1時間25分(75.0km)
一般道経由 1時間18分(55.1km)
いわき駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間4分(67.2km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間7分(64.8km)
一般道経由 1時間23分(63.9km)

●鉄道でのアクセス

最寄り駅:JR磐越東線 大越駅(約6km)

乗換案内
最寄り駅から路線バス なし
最寄り駅からタクシー 有限会社ほていやタクシー 0247-79-2141

周辺の神社検索はこちら

周辺の観光スポットはこちら

付近のガソリンスタンド ←現在地周辺のガソリンスタンドを検索できます。

関連記事

  1. 【寺院-小野-11】東堂山満福寺

  2. 【桜-常葉-02】休石の桜

  3. 【神社-滝根-02】広瀬諏訪神社

  4. 都路灯まつり

  5. 【桜-常葉-08】堀田の桜並木

  6. 【桜-滝根-03】大雷神社のしだれざくら

観光マップ

にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 田村情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ

Twitter でフォロー

アクセス数上位ページ