菅谷駅

今では貴重な木造駅舎の駅

菅谷駅は、1948(昭和23)年10月10日に開業した、JR磐越東線では2番目に新しい駅です。茨城県内のJR水郡線に下菅谷、中菅谷、上菅谷駅がありますが、これらの駅とは関係ありません。こちらの駅名は、所在する田村市滝根町の大字から命名されました。

駅舎は開業当時からの木造トタン屋根のものです。造りは何の変哲もないのですが、全国にある同様の駅舎が無機質なコンクリート製に改築されているなか、開業当時の面影を残す貴重な駅になりつつあります。

桜咲く菅谷駅駅舎
駅は簡易委託駅となっていて、地域の方により窓口業務が行われています。
下り郡山行き列車が菅谷駅に到着。
菅谷駅に到着した郡山行き列車。

磐越東線で最も標高の高い駅

菅谷駅は、海抜が約463メートルとJR磐越東線の駅の中では最も高いところに位置しています。そのため、駅の北側と南側とで河川の流域が分かれる「分水界」が生じます。流域の分かれる境目はだいたいが山の尾根伝いにあり「分水嶺」と呼ばれていますが、ここ菅谷駅周辺は、尾根伝いではない場所で流域が分かれるという意味で、全国的に貴重な場所と言えます。

ちなみに、菅谷駅から徒歩2分ほどの所にある水路に架かる橋が分水界となり、地元の人がこの橋を「縁切り橋」と名付けました。この縁切り橋を境に、北側にある水は、牧野川→大滝根川→阿武隈川を経由し太平洋に注ぎ、南側にある水は、梵天川→夏井川を経由し太平洋に注ぎます。

菅谷駅にある分水界の碑。
菅谷駅から徒歩2分ほどの所にある縁切り橋。向かって右手が夏井川水系、左手が阿武隈川水系となります。ちなみに正面の白い山肌は、現在も稼働中の石灰石の採掘場となっています。
同じく縁切り橋。向かって手前が阿武隈川水系、奥が夏井川水系となります。

冬の菅谷駅を彩るイルミネーション

菅谷駅では、毎年12月上旬から翌1月中旬まで、駅舎を含む駅周辺でイルミネーションが行われます。菅谷まちづくり実行委員会が毎年主催しているイベントで、点灯初日には点灯式も行われ、地域のこどもたちにお菓子が配られたり、豚汁などが振る舞われたりと、ふだん静かな菅谷駅もこの時は賑やかで暖かい空気に包まれます。

イルミネーションに彩られた菅谷駅駅舎。
菅谷駅駅舎のホーム側。

駅周辺の施設

菅谷駅周辺は、入水鍾乳洞、星の村ふれあい館、仙台平、菅谷神社、弁天ザクラなど魅力的な観光資源があります。ただ、菅谷駅からの公共交通は皆無ですので、タクシーは隣の神俣駅から、レンタカーは郡山駅・いわき駅などで手配ください。

菅谷駅の詳細

駅名菅谷
よみすがや
駅種別簡易委託駅
住所田村市滝根町菅谷字堂田441
電報略号スヤ
suica不可
指定席券発券不可
売店なし
トイレ改札外
駅構造地上駅
ホーム1面1線
海抜463.2m
時刻表ekitan

アクセスと周辺

●自動車でのアクセス

※出発地は、何度でも自由に再指定することができます。
※ルートおよび所要時間は参考情報としてご利用ください。これらの情報は、混雑具合や工事、天候等の影響により異なる場合があります。移動時は実際の標識や案内板等に従ってください。
※有料道経由が必ずしも便利とは限りませんのでご注意ください。

新白河駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間1分(60.9km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間2分(65.2km)
一般道経由 1時間11分(62.3km)
郡山駅から
有料道経由(ETC搭載車) 36分(33.7km)
有料道経由(ETC非搭載車) 45分(36.4km)
一般道経由 41分(29.6km)
福島駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間4分(73.2km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間13分(75.8km)
一般道経由 1時間18分(58.4km)
原ノ町駅から
有料道経由 1時間29分(82.4km)
一般道経由 1時間27分(68.5km)
いわき駅から
有料道経由(ETC搭載車) 56分(61.4km)
有料道経由(ETC非搭載車) 56分(56.3km)
一般道経由 1時間7分(55.5km)
福島空港から
あぶくま道経由 38分(35.7km)
一般道経由 48分(38.3km)

●鉄道でのアクセス

乗換案内

●磐越東線の駅一覧はこちら

周辺の観光スポット検索

付近のガソリンスタンド ←現在地周辺のガソリンスタンドを検索できます。

関連記事

  1. 【桜-常葉-01】お伊勢様の鐙摺石ザクラ

  2. 【桜-滝根-03】大雷神社のしだれざくら

  3. 魔除けの神様「お人形様」

  4. 仙台平

  5. 【桜-船引-01】松岳寺のしだれ桜

  6. 【桜-船引-05】仲森の紅しだれ桜

観光マップ

にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 田村情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ

Twitter でフォロー

アクセス数上位ページ