葛尾大尽屋敷跡

葛尾大尽の歴史

今から約500年前、福島県の阿武隈山系の山中に、松本三九郎一族が信州から移り住みました。

信州の葛尾城主であった松本介照が、甲州の武田信玄に追われて奥州に移り、金集の頃、今の葛尾に居を構えましたが、その際、信州葛尾城を偲んでこの地を「葛尾」と呼ぶようにしたのが村名の由来です。

金集の頃、武士から商人へと変わり、その子好倉(初代松本三九郎)は、栗原新田を開発し、その米で酒造りを始め、両替商を営んだことなどから、次第に富を築き、「葛尾大尽」と呼ばれるようになったといわれています。

第7代重供(二代松本三九郎)は、砂鉄に目をつけ、製鉄を始めました。屋号を「鉄屋」と称し、第8代博通は、奴僕数十人を使い、生糸を近国より買い占め、京都・大阪まで商いをしていました。第9代聰通(三代松本三九郎)は、家僕百数十人を使い商業を発展させ、 近隣の三春藩を始め、相馬藩や棚倉藩に大金を献上すると同時に、多額の金を貸し付け、藩の財政の一部に介入し、山林伐採・酒造米の買い入れや、塩などの売買の独占権を得ていたといわれています。妻3人おり、後妻に京都の遠藤兵部の娘イネを迎えました。宅地内の舞殿前の庭園は近江百景を表し、池端の桜は京都より持参し、可憐な花を咲かせていたそうです。第13代久通(四代松本三九郎)の時、相馬、三春公より合わせて六百石を賜りました。
第14代兼通の時は大商法により江戸八丁堀に木材商を開き、大火の時は木材によりさらに富を増しました。天保の大飢饉の時は、凶作を救うため、竹団子、あわ、ひえ、じゅうねんを材料に団子を食料供給していました。

およそ200年にわたり栄華を誇りましたが、商売の中心だった製鉄業の不振に伴い衰退の一途をたどり、明治時代に没落。明治4年と昭和8年の火災で、豪壮を極めた建物の大半を焼失しました。

葛尾大尽のいま

屋敷跡として石垣や庭園が残っていましたが、平成17年の発掘調査により、48棟あったと伝えられている蔵の基礎石や、近江八景庭園跡の全体が発見され、葛尾大尽屋敷跡として公開されています。

葛尾村では松本姓が圧倒的に多いですが、それは松本三九郎一族に由来すると考えられています。

葛尾大尽屋敷跡の入口付近
葛尾大尽の本宅跡
近江八景庭園跡の案内図

まとめ

名称 葛尾大尽屋敷跡
よみ かつらおだいじんやしきあと
住所 葛尾村葛尾字敷井畑84-3
営業日 通年
営業時間 特になし
料金 無料
駐車場 専用駐車場
売店 なし
トイレ あり
文化財登録 葛尾村指定史跡
公式サイト
主な旅行サイト

アクセスと周辺

●自動車でのアクセス

※出発地は、何度でも自由に再指定することができます。
※ルートおよび所要時間は参考情報としてご利用ください。これらの情報は、混雑具合や工事、天候等の影響により異なる場合があります。移動時は実際の標識や案内板等に従ってください。
※有料道経由が必ずしも便利とは限りませんのでご注意ください。

新白河駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間29分(92.7km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間30分(97.0km)
一般道経由 1時間51分(86.8km)
郡山駅から
有料道経由 1時間1分(43.6km)
一般道経由 1時間4分(43.4km)
福島駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間23分(60.0km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間22分(67.6km)
一般道経由 1時間10分(49.3km)
原ノ町駅から
有料道経由 1時間4分(52.4km)
一般道経由 56分(37.6km)
いわき駅から
有料道経由(ETC搭載車) 1時間28分(88.4km)
有料道経由(ETC非搭載車) 1時間33分(87.1km)
一般道経由 1時間38分(72.5km)
福島空港から
あぶくま高原道路経由(ETC搭載車) 1時間13分(68.6km)
あぶくま高原道路経由(ETC非搭載車) 1時間17分(66.5km)
一般道経由 1時間17分(62.1km)

●鉄道でのアクセス

最寄り駅:JR磐越東線 船引駅(24.0km)

乗換案内
最寄り駅から路線バス なし
最寄り駅からタクシー 羽場タクシー 0247-82-1137

周辺の観光スポット検索


付近のガソリンスタンド ←現在地周辺のガソリンスタンドを検索できます。

関連記事

  1. 【桜-常葉-03】大黒天の大ザクラ

  2. 【紅葉-03】行司ヶ沢渓谷

  3. 【桜-川内-01】木戸川の桜並木

  4. 日本一低い滝!嘉相滝

  5. 【文化財-船引-008】佐久間庸軒書斎

  6. 【桜-小野-04】羽生の桜

観光マップ

にほんブログ村へ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 田村情報へにほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
KiPuRu